糖尿病事前に知識があったならと悔やんでみても仕方なし、治らない病が糖尿病、せめて合併症の逃避に専念の真っ最中だが・・・

糖尿病食事療法

糖尿病運動療法

|運動療法| |運動療法| 食事療法| 薬物療法|

毎日、
3度3度はあまりにも難しい

しかも一生涯!!

エンジンがストップするまで

食事療法が必要なわけは?

食事と密接な関係にあるインスリンの不足や欠乏から起こる病気だからなのです。
インスリンが不足すると食べ物を通して摂取したブドウ糖などの栄養分が利用されなくなり、
体の細胞が栄養不足になります。利用されないブドウ糖はどんどん増え続け血液中にあふれ出てきます。
その状態が高血糖でこの状態を放置すると怖〜〜い合併症がこんにちはとやってくるのです。
その確立は100%の外れ無しです。

合併症を防ぐには、食べ物の量を制限し栄養分も不足しないように、と
バランスの良い食事を決められたカロリー内で毎日規則正しく摂取する以外にありません。

しかしながら、この食事療法がことのほか難しいのも事実です。

ひとたび、、
糖尿病にかかれば、一生涯食事療法が課せられるのです。

一生、一生、一生 ・・・ 一生 ・・・ 死ぬまで ・・・ なんですよ。



これと言った、特効薬はなし、食事療法こそが特効薬ですが、、

糖尿病の根治療法はありません。
合併症の予防が糖尿病治療の目的です。
高血糖を放置しておけば、
失明や透析または神経障害から起こる足の切断などが
例外なく誰にでも起こってきます。
糖尿病になった以上やむをえず、
後は合併症に掛からないように治療(血糖値コントロール)に専念・・・となります。

食事療法以外に、
運動療法、
薬物療法も合わせて続けることになりますが、
メインは食事療法、
これを確実に実行することにより合併症の心配からは開放されます。
それだけ、難しいかもしれません。
私の場合はこの食事コントロールが一番悩みの種です。
特に食にこだわりは無いのに。
もし食が命と言う方は、「 厳しい〜 」とおもいます。

食事療法に特別は存在しません

食事療法といいながら特別な食事はありません。
1日の食事の量(カロリー)が制限されるだけです。
脂質、たんぱく質、炭水化物の3大栄養素をバランスよく・・・です。

糖尿病食は健康食とも言われるのはこの為です。
食事の偏りをなくし健康な食事にするだけです。

食品交換表

食品交換表の本でひたすら勉強して
完全に覚えることが合併症からの
逃避できます、、が、

本の内容を潜在意識に、
「パシャー」とフォト。

そして、食事療法の実行以外に方は無し。

「 パシャー パシャー パシャー 」と。




powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional