糖尿病事前に知識があったならと悔やんでみても仕方なし、治らない病が糖尿病、せめて合併症の逃避に専念の真っ最中だが・・・

糖尿患者はアルツハイマーに

糖尿病者はアルツハイマーに?

糖尿病者がアルツハイマー病や他の痴呆になりやすいことは研究者の間では知られていました。血管系の痴呆なら思い当りますが、アルツハイマーとの関連にも道が開けそうです。

『炭水化物』の代謝がうまく出来ないだけで後ろめたい生活を送っているのに、さらにアルツハイマー病のリスクが高いと言われると何とも憂うつですね。
こんな話題は無視するにかぎるのですが、天下に名をとどろかせるアメリカの『ジョスリン糖尿病センター』発のニュースとなるとそうもいきません。
よく分からなかった糖尿病とアルツハイマー病の関連が『インスリン抵抗性』にありそうだという研究が発表されました。
インスリンが正常に作用しないので(抵抗性、インスリンレジスタンスともいう)大量のインスリンが分泌されたり、血糖値が高くなることがあります。特に白人(コーカジアン系)はすい臓の機能が強いので、肥満から2型糖尿病に進行する病因の最たるものはこの『インスリン抵抗性』にあると考えられています。

肥満がもたらす代謝性シンドローム(シンドロームXとも呼ばれていた)はアメリカ成人の1/4に見られますが、その引き金もインスリン抵抗性にあるのは間違いありません。
この『代謝性シンドローム』とは1960年代、70年代に心臓疾患のリスクとして注目され始めて、1988年にスタンフォード大学(アメリカ)のジェラルド リーベン教授が『インスリン抵抗性』によるものとして"シンドロームX"として発表したものです。ウエストラインが大きくて血圧も血糖も血中の中性脂肪も高めですが、病名がつくほどではない。しかし、複数の因子が重なると心臓疾患が危険レベルに高まってしまうというものです。

QUOATE:

#HR:

糖尿病とアルツハイマー病の合併で症状悪化 “負の連鎖”を阪大研究チーム突き止める

3月16日9時1分配信 産経新聞
糖尿病とアルツハイマー病が合併して発症すると、いずれも症状が悪化することを、大阪大大学院医学系研究科の里直行准教授らの研究チームが突き止め、16日発行の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。併発患者の治療法開発につながる成果で、注目される。

糖尿病患者はアルツハイマー病にかかりやすいことが知られているが、里准教授らは糖尿病マウスとアルツハイマー病マウス、さらに双方を掛け合わせた合併マウスを比較した。

その結果、合併マウスはアルツハイマー病の原因物質とされるタンパク質「ベータアミロイド」の脳血管内での蓄積が早いことを確認。蓄積が進む原因としては、糖尿病の影響で脳血管の硬化が起きていることなどが考えられるという。認知症の進行も、アルツハイマー病単独マウスよりも早いことが分かった。

一方で、合併マウスは糖尿病マウスよりも血糖値が高くなる傾向があり、糖尿病がより重くなることが確認された。

里准教授は「二つの病気にかかることで負の連鎖に陥り、いずれの症状も悪化することが分かった。悪循環を断ち切るため、食事や運動など生活習慣を改善することが大事だ」と話している。

QUOATE:

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional