糖尿病事前に知識があったならと悔やんでみても仕方なし、治らない病が糖尿病、せめて合併症の逃避に専念の真っ最中だが・・・

糖尿性の合併症で透析開始か・・・

MenuBar

糖尿性の合併症で透析開始か・・・

15ー3=私はあと2年で人工透析開始なの、、、か???

糖尿病性腎症で人工透析

高血糖が15年も続くと腎臓の機能が著しく低下してきます。

そして、血圧も高くなってきます。
腎臓さんは、血液中の老廃物をろ過しおしっこにして排泄してくれる役目があります。
しかし腎臓さんの機能がダウンすると処理できない毒素が体にまわってしまいます。
透析用の機械に血液を通してそして、血液をろ過し、
再び血液を体に戻すということをしなくてはなりません。
1回の透析(ろ過)に3〜4時間かかります。
これを週に2〜3回行わなくてはならないわけです。
金銭的にも、また日常生活的にも支障をきたします。
透析を受ける人の数は年々増加傾向にあります。
私も近い将来に透析のお世話になるかもしれません
「主治医より シャント手術しましょう!」

な〜〜ていつ言われるやら・・・キドキドw


○腎機能低下からくる症状

腎臓の機能がかなり低下した場合や血液中のたんぱく質濃度が低下した場合
には、足のむくみが出やすく改善しにくくなります。
むくみの原因は塩分です。
利尿剤をしっかりと服用し、夜は足をあげて寝るようにするといいらしいです
また腎不全になると、体に水や毒素がたまったり、
体が酸性になってカリウムが高くなり、
そのために突然心臓が止まってしまうこともあります。


○糖尿病性腎症の予防はできる?

現在の病院治療は人工透析開始までを先に延ばすだけというのが実情。
糖尿病性腎症が進行するのを予防するためには、
血糖のコントロールと、、
血圧のコントロールと
食事によるたんぱく質の摂取オーバーに注意が必要です。


お米などの食品のほとんどにたんぱく質は含まれています。
どうしても難しい治療となります。

そこで栄養士による食事の指導を受け、
体重1 k gあたり0 .8 g以下のたんぱく質を摂るように

、「血圧のコントロール」と「たんぱく質を制限した食事」がポイントになります。
たんぱく質のほかに、塩分・カリウム・リンなどの制限もあります。
、、とは、、教科書通りなのですが現実はこのようなコントロールが継続できず、
○○○となる結果、○○になります。
すなわち、bye-bye ですよね。(怖〜

だから、

糖尿病にならないために今すぐ
↓↓
自宅でカンタン、健康チェック  糖尿病郵送検診キット



私の高血圧のお薬
オルメテック20mm
血圧を下げるお薬で、高血圧症に用います。
リバロ錠2mg
血液中のコレステロールを減らすお薬です。
毎朝、1錠ずつ飲んでいます
私の血圧は、
100-150



powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional